満98歳の祖母を見送ってきた

おはようございます。
ブログ久々の更新です。

実は祖母が1ヶ月ほど前から入院してまして。
前回の更新後、上司同僚と相談。
週末お休みいただけたので、仕事終わったその足で会社から飛行機に飛び乗り、実家に帰りました。

実家に帰ったのは9/29の23:30すぎ。

ひと息ついて、お風呂はいって、寝ようとしたそのときでした。
祖母が病院で息を引き取ったとのこと。

とりもなおさず、病院へ駆けつけて、祖母に5月のゴールデンウィークぶりに対面しました。

9/30、深夜1時半ごろ。

祖母は認知症など出ておらず、9/29の午後の時点で
「退院したい」
と大きな声で言っていたとこのと。

「○○(←私の名前)、帰ってくるで。」
と話したら頷いてたそうです。

タイミング的に、私が帰るのが一歩遅かったのか。
それとも祖母は待ってくれていたんだろうか。

共働きだった両親に代わり、私と妹の世話をしてくれた祖母。
幼少期の思い出と、後悔と、今では確認のしょうがない期待が入り混ざって、葬儀から一晩明けた今でも感情が高ぶって涙するのです。

ちょっとしばらく、今日着てるコーディネートととか。
のんきにそういう話をする気になれなかったりするので、気持ちが落ち着くまで休ませてください。

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチッとクリックお願いします。
励みになります。


ファッションランキングへ